ネット上のニッチなインフラビジネスで稼ぐつるはしビジネスが一番稼げるんですよね。

« 収益を上げる新たな方法、とは | メイン | 画期的なSEOシステムが無料 »

こんにちは。

 よく聞く話でまた聞いたことが無い人にとっては重要な話です。アメリカ、ゴールドラッシュの時代に一番稼いだ人は誰だったのでしょうか?実はゴールドを採掘しに来た人へツルハシを売った人やジーンズを売った人が稼ぐことが出来たと言われています。ジーンズはリーバイスの出発点の話しなので知っている人も多いかもしれません。ゴールドを採掘せず採掘している人に道具を売るこうしたビジネスが何故それほどメリットがあるのでしょうか?ゴールドの採掘は言ってみればギャンブルです。丁か半か、のるかそるか、黒か白か、運を天に任せて、ひたすら探しまくる訳です。たまたま大量に見つかれば大金持ちになれたかもしれませんが、大半の人はそう なれませんでした。ところが、そうした採掘者たちへ必要なツルハシなどの道具や生活のための食料・衣服・宿を提供することは、ゴールドラッシュの間ずっと続く安定的なビジネスになったという話です。

 ネット上のつるはしビジネスとはこちら今なら1ヵ月無料です。先程の話ではありませんが、武器を持って勝負する事が大事です。誰もが持っていない武器を手にすることにより他より優位に動く事ができるわけです。

 せっかくですのでなぜリンク販売はお勧めできるのか継続的に売りあげれる武器を持つ必要性についてお伝えします。

 ビジネスという観点からもお伝えします。商売をするとしたらまずは商品やサービスを選定し人力でとにかく打っていく仕組みを作れば売れていきます。これで売り上げ数億円という規模はすぐに作れます。それこそ3年もあれば10億の会社は作れます。ですがここまでは誰でもできるんですが、ここからなんです。人が販売する仕組みというのを作ってしまうとスキルによって販売力が変わってきます。それこそ事務員が販売しても売れるだけの仕組みにしておけばそれ以上育つのでしょうが、そこまでの仕組みを作り数億円の売り上げを作れるようであればすぐにでも上場できるでしょう。人が販売する事はいいのですが、一つの商品を1回販売して終わってしまうという販売形態をとっていると1年間は営業が売れるかもしれないが、もしかしたらその営業は辞めるかもしれないという事です。

 辞める前に他の人を育てておけばいいのでしょうが、インターネットを使った商売でない限りそこまで利益率が高い商品は少ないのが現状です。かなり抽象的な話で分かりにくいですが、毎月黙っていても家賃収入のように収益が入ってくる、またはリピート性があるサービスなどを扱わない限り必ずどこかでつまずくときがでてきてしまうという事です。WEB制作管理・ポータルサイト・SEO対策・リンク販売・メールソフトなどなど全て継続的な商売です。継続的に収益があれば次の作戦を考える事ができます。まずは第一ステップとして自分で販売する事ができるリンクのシステムという武器を手に入れてみてはいかがでしょうか。【広告】Linker200今なら1ヵ月無料
seo,リンク,システム

サイトTOPへ

カテゴリー

スポンサードリンク